在宅医療

薬剤師の在宅訪問サービスをご存知ですか!

入院よりご自宅での療養を希望される患者さまが増える傾向にあり、在宅医療が広がりつつあります。
薬局も医療チームの一員として参加しており、薬剤師による在宅訪問サービスです。医師、訪問看護師、施設スタッフやケアマネジャーと連携し、患者様のご自宅や各種高齢者施設を訪問、お薬をお渡ししながら、薬剤管理やお薬に関するご説明やご相談を行っております。

全店舗で在宅訪問サービスを実施しております。また弊社では、各薬局が弊社地域医療連携室と連動しながら在宅訪問サービスを実施させていただく場合もございます。

ご利用対象
・ご自宅や各種高齢者施設で訪問診療を受けていらっしゃる方
・病院や薬局に通院・来局するのが困難な方。

在宅訪問サービス

在宅サービスの流れ(どうしたら利用できるのか)

かかりつけの医師に薬剤師の在宅訪問の同意をもらう。
かかりつけの医師に薬剤師の在宅訪問の同意をもらう。
(患者さまのご家族などが代理でもらいます)
かかりつけの医師に薬剤師の在宅訪問の同意をもらう。
医師の処方箋に基づいて調剤し、薬剤師がお薬をお届けします。
医師の処方箋に基づいて調剤し、薬剤師がお薬をお届けします。
施設の運用に合わせたお薬のセットや、粉砕・一包化のご提案、
お薬についての効果や影響などの説明、体調の確認を行います。
医師の処方箋に基づいて調剤し、薬剤師がお薬をお届けします。
訪問後、薬剤師が医師に報告書を提出、情報交換をしながら連携してケアを行います。

在宅サービスのメリットは何ですか?

たとえば
「薬局に行くのが大変」「お薬を飲み忘れてしまう」「お薬の種類が多くて混乱してしまう」
「お薬が飲みにくくなってきた」「病気や薬の服用について不安がある」

日本メディケートプランの薬局の在宅訪問サービスを利用すれば

「お薬カレンダー」などを使って薬を管理、飲み忘れや誤飲を防ぎます。

薬曜日・飲むタイミングごとにポケットがあり、
薬の飲み忘れを防ぎ介護する方の負担を軽減します。

薬
飲みにくい薬は飲みやすく
飲みにくい方は一包化や、粉砕、錠剤・カプセル、粉薬・液剤・坐剤等への変更をなど医師に提案します。
併用薬や副作用の確認
他院の処方箋薬をはじめ、一般用薬品やサプリメント等の飲み合わせチェック、副作用の確認を行います。
薬の保管・管理上のアドバイスや相談に応じます
薬を湿気・日光・高温から守るよう管理方法についてご説明します。以前に処方された薬などについても薬剤師がアドバイスいたします。
残薬の解消
 
お薬が残ってしまうときは 主治医と相談して、なぜ残るのか患者さまと一緒になって考えます。
(1日2回の薬を1日1回に変更など)
緊急時には?
急な発熱や体調変化時に処方箋に基づいて緊急のお薬をお届けすることができます。
 
 
 
多職種連携をおこないます
訪問の結果について医師やケアマネージャーまたは看護師にお伝えをし、患者さまの生活の質(QOL)の向上を目指します。
副作用など早急に連絡が必要な場合は速やかに連絡します。
介護用品や衛生用品などのご相談について
床ずれを予防するための介護用品の紹介や介護方法、その他衛生用品などについてご相談にお応えします。
お問い合わせはこちら
西新宿5丁目薬局(新宿区) 
03-3374-7500
新宿3丁目薬局(新宿区) 
03-5363-5071
上落合2丁目薬局(新宿区) 
03-6908-6901
神田登栄薬局(千代田区) 
03-3254-0848
上荻薬局(杉並区) 
03-6915-0712
みどり薬局(武蔵野市) 
0422-54-8558
地域医療連携室 
0422-38-8600

ご利用料金

法令に基づき、お薬代とは別に、1回の訪問ごとに下記の費用が発生いたします。

介護保険をご利用の方 1回の訪問ごとに352~503円がかかります。
医療保険をご利用の方 負担割合により金額が異なります。

※医療保険分(お薬代など)は医療保険適用です。
※特殊なお薬がある場合は、加算があります。
※公費の補助がある場合は、無料になる場合もあります。